オスマン・ネジュミ・ギュルメン Osman Necmi Gurmen

 

(1927年‐)トルコの小説家。主に歴史小説を書く。

彼のデビュー作『L’echarpe d’Iris』はフランス語で書かれ、同国で1976年に出版された。同作は翌1977年にトルコのヒュッリイェト出版によりトルコ語版『Ebemkusagi (虹)』としてトルコでも人気作となった。彼の小説第4作目となった『Rana』は2006年にトルコで出版され、半年以上に渡ってトルコでベストセラー小説となった。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 

 

images

 

日本語で出版されているギュルメンの著作としては、

『改宗者クルチ・アリ協会からモスクへ(Muhtedi Kiliseden Camiye、 藤原書房 2010年)』がある。

詳しくはこちら

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *