ラティフェ・テキン Latife Tekin

(1957‐)カイセリ出身。トルコで最も影響力のある女流作家の一人。

1983年、彼女の人気作『拝啓ずうずうしい死へ』 Sevgili Arsiz Olumが出版された。彼女の書くファンタジーには、アナトリア地方の民話や伝統が色濃く映し出されている。彼女の作品は、独語、仏語、伊語やペルシャ語などに訳され、海外でも人気が高い。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 

LATIFE TEKIN FOTOGRAF MUHSIN AKGUN RADIKAL

LATIFE TEKIN FOTOGRAF MUHSIN AKGUN RADIKAL

 

日本語で出版されているテキンの作品はこちら↓

乳しぼり娘とゴミの丘のおとぎ噺 Berci Kristin Cop Masallari

 

英語では彼女の代表作『拝啓ずうずうしい死へ』も出版されている:

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です