『雪の轍』 Kış Uykusu

 

ヌーリ・ビルゲ・ジェイラン監督が2014年に製作した長編映画。アントン・チェーホフの短編小説『妻』(1892年)にヒントを得て、カッパドキアを舞台に夫婦の葛藤を描いている。2014年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した。

 

566116アマゾンでご購入できます

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 

 

poster2

 

監督について

あらすじは次ページ➞

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です