Auto Ads Lab
LoveTurkeyへようこそ
 

『昔々、アナトリアで』 Bir Zamanlar Anadolu’da

『昔々、アナトリアで』 Bir Zamanlar Anadolu’da

once-upon-a-time-in-anatolia

ヌーリ・ビルゲ・ジェイラン監督が2011年に発表した本作は、製作者の一人の経験した、アナトリア高原で死体を探す男たちのエピソードに基づいている。

監督について

<あらすじ>

index2

ある夜、アナトリアの町ケスキンの郊外を、三台の車で男達-警察官たち、医者、検事、墓堀人たち、憲兵たち、そして殺人容疑のかかった二人兄弟-が走っている―死体を探して。

容疑者の一人、ケナンは、一行を噴水から噴水へと促す。犯行時、彼は酔っていて、彼と、彼の兄弟(精神障害を患う)がどこに死体を遺棄したか思い出せない。暗さと、どこまでも続く同じ地形…探し物を見つけるのは容易ではなさそうだ。

男達は夜な夜な様々な話をする。ヨーグルトやラムチョップについて、家族、妻、元妻、死、自殺、ヒエラルキー、官僚主義、道徳、それから仕事についても。哲学も話題となる。その中でも中心をなし、本作の中で何回も出てくるのは「子どもは、親の過ちから逃れられない。子供がその代償を払う」というもの…

 

<作品詳細>

『Bir Zamanlar Anadolu’da』

2011公開

監督:ヌーリ・ビルゲ・ジェイラン

出演:ムハンメト・ウズネル、タネル・ビルセル、ユルマズ・エルドアン

2010年、トルコ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、157分

アマゾンでご購入できます

関連記事

映画 『雪の轍』 Kis Uykusu

映画 『希望』 Umut

 

No comments

LEAVE A COMMENT