LoveTurkeyへようこそ
 

トルコの神話 の妖怪たち グルヤバーニ Gulyabani

お久しぶりですね!

トルコ神話に出る妖怪たち第2回は「Gulyabani グルヤバーニ」を紹介します。

「Gulyabani」は、体のあらゆる部分が毛で覆われている、大きい魔物です。腐っていて、足全体が後ろ向きです。人食いで、髭が長いことで知られています。昼間は墳墓に入って、夜中に目覚めます。旅行者に面倒をかけると言われています。

 

 

「Gulyabani」という言葉はアラビア語に由来します。「Ghul」という言葉は、「鬼」を意味します。この言葉は、トルコ語だけでなく、他の言語でも使われています。例えば、大人気の「Tokyo Ghoul」の「Ghoul」は、同じアラビア語から来た言葉です。

 

 

「Gulyabani」はトルコでよく知られている神話的な魔物です。この魔物がよく知られている理由は、「Süt Kardeşler」というトルコの有名なコメディー映画にこの魔物が登場するからです。この映画のお陰で「Gulyabani」は人々の心に刻まれたと思います。

 

 

プロフィル Elif Ertem エリフ・エルテム
チャナッカレ・オンセキズ・マルト大学日本語教育学科 4年生。

No comments

LEAVE A COMMENT