LoveTurkeyへようこそ
 

エリフ・チャーラル Elif Çağlar

セレングルンが紹介するトルコの音楽家たち - 3

エリフ・チャーラル ・ムスル Elif Çağlar Muslu

エリフ・チャーラルはイスタンブール・ビルギ大学音楽学部でジャズ音楽を学んだ。

ロクシークラブ主催の音楽祭で優勝したグループ「バグダットアベニュー」と共にアルバム「1-10」を発表。

ジャズ演奏技術をさらに高めるために、2006年にアメリカにわたり、伝説のジャズシンガー、シーラージョーダンの指導を受ける。ニューヨーククィーンズカレッジ付属のアーランコップランド音楽学校を優秀な成績で卒業する初めてのトルコ人になる。

音楽ビデオ:“M-U-S-I-C” – Circus Love

 

ニューヨークに在住中に55 Bar、Nublu、The Knitting Factoryなど多くのクラブでコンサートを開く。国際イスタンブールジャズフェスティバル、アクバンク・ジャズフェスティバル、2012年ブラティスラヴァ・ジャズフェスティバル、プリシュティナ(アルバニア)ジャズフェスティバル、ワンラブ(カナダ)ジャズフェスティバル、ルクセンブルグ紅葉のジャズフェスティバル、ブルースフェスティバルなど多くの権威あるジャズフェスティバルに出場。

トルコの女性ジャズシンガーとしては初めて英語の歌詞から作曲やアレンジまですべて自らおこなったアルバム「M-U-S-I-C」を2010年に発表し大きな反響をえた。

このアルバムを制作した「NU DC Record」はウエブサイトにチャーラルの音楽ビデオ数多くアップしている。ぜひ聞いてみて下さい。

http://www.nu-dcrecords.com/videolar

 

2013年にシカゴジャズの名手ジミーバーンズ、キャサリンデイヴィスと共にトルコの歴史日ある「Blues Festival」の記念アルバム「ブルースで生き返る」を共同制作した。このアルバムのために新曲「Bluestanbul」を作曲。

音楽ビデオ:Catch Us If You Can  (Balcony TV)

 

トルコの名門ボアズィチ大学の学生が運営しているボアズィチラジオが主催する音楽賞をジャズ部門で2度受賞。2014年に「軽音楽」のシングルを制作。(自作の二曲が収録されている)世界的に知られるジャズミュージシャンであるアーロンパークス 、ハリッシュラガヴァン、エリックハーランドと共作のアルバムMisfit「ミスフィット」が2015年に発表され、2016年にディスクユニオンの依頼で日本でも好評販売された。2016年にMrs.Eloの名でEPアルバム「Everyone with Everything」を発表。

 

 

アルバム:

“M-U-S-I-C” (Nu-Dc Records, 2011)

“Misfit” (Nu-Dc Records, 2015)

“Hafif Bati Muzigi”, Single (Nu-Dc Records, 2014)

Mrs. Elo – “Everyone with Everything”, EP (Nu-Dc Records, 2016)

ホームページ: http://www.elifcaglar.com/

 

エリフについてもっと読みたい!

All About Jazz, Elif Çağlar – Misfit by Dan Bilawsky

Jazz Views, Elif Çağlar – Misfit by Jim Burlong

次のコンサート情報

No comments

LEAVE A COMMENT