Auto Ads Lab
LoveTurkeyへようこそ
 

ババ・ズラ BaBa ZuLa

セレングルンが紹介するトルコの音楽家たち - 2

ババ・ズラ BaBa ZuLa

ババズラは、トルコ音楽シーンで、どのジャンルにも属さない珍しいグループの一つである。1996年にデルヴィッシュ・ザーイム監督の映画「棺の中でオーバーヘッドシュート」のテーマ曲を作るために結成されたグループだが(訳者注:すでにここまでもすごいですが)、今日のように世界各国でコンサートツアーを展開するとは当人たちも予想だにしていなかっただろうトルコ民謡をベースにして、トルコ音楽のルーツと近代音楽を融合させている。その妥協しない姿勢が彼らの音楽のオリジナリティを生み出している。ファンクと電子音楽の両方の要素が垣間見れるが、その原点はトルコの大地にある。生まれたのはトルコ語のサイケデリック音楽だ。

サズの弾き語りアーシュク・ヴェイセル、アーシュク・マフズーニ、トルコポップ歌手の草分けバルシュ・マンチョやポップグループモオルラル(モンゴル人という意味)から影響を受けながら、同時にジミーヘンドリック、ボブマーレイ、サンタナ、ザドアーズからもインスピレーションを得ている。ババズはこの自由さがあったがゆえにトルコ国内に留まらず、世界各国で注目されているのだ。楽曲もさることながら、ステージパフォーマンスも称賛に値する。ダンスや演劇的要素を取り込むことにより、自らの音楽と思想を視覚的にも訴え、彼らは観客と一つになる。あたかもシャマニズムのリチュアルの相を呈しているのだ。

Özgür Ruh (何物にも束縛されない)-

Başka Bir Alem (もう一つの世界)

アルバム

ウエブサイト http://www.babazula.com/

Efkârlı Yaprak (物思いにふける葉っぱ)

海外メディアで読むババ・ズラ

Erich Kocina Psychedelische Klänge aus Istanbul in Wien, Die Presse, 1 July 2007

http://diepresse.com/home/leben/events/314120/Psychedelische-Klaenge-aus-Istanbul-in-Wien

Reinvigorating roots, Innerviews, 2008 (röportaj)

http://www.innerviews.org/inner/babazula.html

Japan Times, Baba Zula: from the belly of the beats  (2007)

http://www.japantimes.co.jp/culture/2007/03/15/music/baba-zula-from-the-belly-of-the-beats/#.WVaepNOGOHo

The Guardian, XX Review – a heady Turkish brew (2017)

https://www.theguardian.com/music/2017/jan/15/baba-zula-xx-review-glitterbeat-turkish-psychedelia

Post Tags
Share Post
No comments

LEAVE A COMMENT