Auto Ads Lab
LoveTurkeyへようこそ
 

『無垢の博物館』オルハン・パムク

『無垢の博物館』 Masumiyet Muzesi 上、下 早川書房 2010年

オルハン・パムク(著) 宮下遼(翻訳)

・作家オルハン・パムク

<あらすじ(上)>

「ノーベル文学賞受賞後第一作!

全世界絶賛。『わたしの名は「紅」』 『雪』に続く、世界最高の語り部の最新傑作。

三 十歳のケマルは一族の輸入会社の社長を務め、業績は上々だ。可愛く、気立てのよいスィベルと近々婚約式を挙げる予定で、彼の人生は誰の目にも順風満帆に 映った。だが、ケマルはその存在すら忘れかけていた遠縁の娘、十八歳のフュスンと再会してしまう。フュスンの官能的な美しさに抗いがたい磁力を感じ、ケマ ルは危険な一歩を踏み出すのだった――トルコの近代化を背景に、ただ愛に忠実に生きた男の数奇な一生を描く、オルハン・パムク渾身の長篇。」

51kfkPViWPL

<あらすじ(下)>

「これは不倫か? 純愛か?

男は婚約中にもかかわらず、美しい遠縁の娘との 情事に溺れていく。狂気に彩られた愛の物語。

「これから、わたしたちはどうなるの?」二人の愛する女から突きつけられたこの言葉に、ケマルは答えをもたなかった。彼の心はスィベルとフュスンの間を揺 れ動き、終わりのない苦悩に沈む。焦れた女たちはそれぞれの決断を下すのだが……。ケマルは心配する家族や親友たちから距離を置き孤立を深める。会社の経 営にも身が入らず徐々にその人生は破綻していく――トルコ初のノーベル文学賞作家が八年の歳月を費やして完成させた最新傑作、待望の邦訳。」

51bfJWHKCcL

購入はアマゾンから (順に上、下巻)

関連記事

・オルハン・パムクを読むキーポイント

対談記事オルハン・パムク

雪 Kar【新訳版】上・下

白い城

No comments

LEAVE A COMMENT