Auto Ads Lab
LoveTurkeyへようこそ
 

『心の平安』 Huzur

『心の平安』 

Huzur

2015年藤原書店

アフメト・ハムディ・タンプナル(著) 和久井路子(翻訳)

71zCG5SGCFL

著者についてはこちら

<あらすじ>

「トルコ近代文学の父」の代表作、ついに完訳!
東と西が出会う都市イスタンブールを舞台に、西洋化とオスマン朝の伝統文化への郷愁との狭間で引き裂かれるトルコの知識層青年の姿を、甘美な恋愛劇と重ねて描きだす。 

「僕たちはお互いを愛しているのだろうか、それともボスフォラスを愛しているのだろうか?」
トルコ共和国建国から約十五年、第二次世界大戦勃発前夜におけるイスタンブールの青年たちの物語。

主人公ミュムタズは幼い頃に両親を相次いで喪い、以後は、歳の離れた従兄であるイヒサンに引き取られる。ミュムタズは、歴史家であり東西の文化に造詣の深 いイヒサンを精神面でも父とし、長ずるにつれてオスマン朝時代の伝統文化(文学、芸術、骨董)を深く愛するようになる。研究者となったミュムタズは、博士 論文を書き上げたのち、ボスフォラス海峡を渡るフェリーで、夫と別れたばかりのヌーランと運命的に出会う。意気投合した二人は、イスタンブルの街並みに伝 統の美しさを訪ね歩くなかで愛を深め、ついに結婚の意思を固めるが……。

甘美なラブストーリーと伝統文化の美と神秘、そしてイスタンブルというトポスの魅力が渾然として描きだされた不朽の名作。

 

 

購入はアマゾンから

 

 

関連記事

新しい人生

改宗者クルチ・アリ教会からモスクへ

 

No comments

LEAVE A COMMENT