Auto Ads Lab
LoveTurkeyへようこそ
 

『無知な妖精たち』 Cahil Periler 2001年

『無知な妖精たち』 Cahil Periler 2001年

自身がゲイであることから、ホモセクシュアリティーがテーマとなる作品を多く手掛けているフェルザン・オズペテクの作品の中で、特に有名なのがこの作品である。

220px-Cahil_Periler_(film)

 

<受賞>

・ナストロ・ダルジェント 最優秀女優賞(マルゲリータ・ブイ)、最優秀男優賞(ステファノ・アッコルシ)、最優秀制作(ティルデ・コルシ、ジャンニ・ロモリ)

・イメージ・ネーション フェスティバル 視聴者賞

・ニューヨーク ゲイ・レズビアン フィルム フェスティバル 最優秀作品

・オースティン ゲイ・レズビアン 国際映画祭 最優秀作品

監督につい

FERZAN OZPETEK

<あらすじ>

アントニアはAIDSの治療を専門とする医者。夫のマッシモと、母と共に平穏な生活を送っていた。しかし、交通事故で突然夫を失ってしまう。夫の遺品を整理中、夫のデスクから見つけたのは、夫がミケーレという男性と関係を持っていたことを示すもの。はじめは怒りを失望に打ちひしがれ、ミケーレに憎悪を感じていたアントニアだったが、次第に彼と、彼の周りのゲイ、トランスジェンダーの友人たちと打ち解ける。彼らは、トルコからの移民や、劇作家、ブティックのオーナーなど個性豊かな面々。彼らの生活を知るほどに、アントニアの人生も劇的に変化していくのだった…

<作品詳細>

『Cahil Periler』

2001年

監督:フェルザン・オズペテク

音楽:アンドレア・グエッラ

出演:マルゲリータ・ブイ、ステファノ・アッコルシ、セッラ・ユルマズ、ガブリエル・ガルコ、エリカ・ブラン、アンドレア・レンツィ、コライ・ジャンデミル

2001、イタリア、106分

関連記事

映画『昔々、アナトリアで』 Bir Zamanlar Anadolu’da

映画『天使の墜落』 Melegin Dususu

No comments

LEAVE A COMMENT