Auto Ads Lab
LoveTurkeyへようこそ
 

ウイクスズ トルコの風刺かわら版

ウイクスズ トルコの風刺かわら版

uykusuz

2007年に創刊。トルコと北キプロス共和国で発行され、トルコで最も売上高の大きい風刺新聞である。エンブレムはパジャマズボンにタンクトップの男性。

週刊紙       uykusuz

全16ページ

値段 トルコでは3.5リラ(約140円)、キプロスでは4リラ(約160円)2015年10月現在

紹介するのは2015年10月1日版

表紙

石像たちの会話「今度は俺らの番か。ギブスだらけにされちまう」「兄さん、ストレスためすぎると余計に日々入るから気を付けなよ「しっ!静かにしなよ、ほら、人間が来るよ」

この会話の拝啓には、トルコで多くの遺跡が修復により改悪されているという大ニュースがあった。(サンデーズ・ザマン紙の紹介ページ参照)。この石像はトルコの遺跡の中でも有名なネムルト山のもので、神々の像だといわれている。神さえも恐れる修復工事とは、いったいどれほど恐ろしいのだろうか…

loveturky20151209 131

11ページ

左上「兄さんそれどーしたんだよ?」「いやー暑くてブーツなんて履いてられねぇからよ!」

左下 老人たちの会話「どこで定年なさったんですか?」「広告会社のクリエイティブ・ディレクターでした」「それは素晴らしい。で、あなたの方は?」「56年間ソフトウエア会社で働いて、モバイルアプリの開発担当者でした」 隣の机の若者「もうどこにも普通のじいちゃんがいなくなっちまったなぁ…」

loveturky20151209 137

12ページ

漫画だけかと思えば、アタテュルクやチェ・ゲバラの写真の載ったエッセーもある。

loveturky20151209 138

 

15ページ(右)

右下 恐竜(落下する隕石を見ながら)「いつかきっと僕たちをテーマにドキュメンタリーを撮ってくれるよね!グスン泣」

 

loveturky20151209 139

関連記事

ハジャマット トルコの宗教的風刺かわら版

No comments

LEAVE A COMMENT