Auto Ads Lab
LoveTurkeyへようこそ
 

ペングエン トルコの風刺かわら版

ペングエン トルコの風刺かわら版

トルコ語で「ペンギン」を意味するこのかわら版は、2002年に創刊され、トルコと北キプロス共和国で出版されている。エンブレムは空を飛ぼうとするペンギンである。

 

週刊紙

値段トルコでは4リラ(約160円)、北キプロスでは5リラ(約200円)2015年10月現在

紹介するのは2015年9月24日版

表紙

羊「僕は逃げるよ、良いお祭りを」

loveturky20151209 094

ヒジュラ暦12月10日から4日間、イスラム教には動物(羊など)を生贄としてささげるクルバン祭という一大行事がある。国民の休日でもあるこの日に、当の羊が休暇で旅行に出かけてしまい、残された人間たち(お父さんの手にナイフが握られているのは生贄のため)があっけにとられている。

3ページ

2015年のクルバン祭は9月にあったが、偶然これが選挙と重なり、国内で政党間の緊張が高まった時期でもあった。

中央の、牛と羊の絵が描かれている一コマ漫画では、クルバン祭で生贄にされないよう逃げている牛や羊をそっちのけで夜の街を走り回る男たちが描かれ、牛が羊に対して「僕たちが目当てじゃないから安心しな!」と言っている。

羊ではなく、政敵を追いかけ回しているのだ。

 

loveturky20151209 095

4ページ

中段に描かれている緑色のカエルのような生き物、それがトルコの「宇宙人」のイメージである。なぜか太っていて、目が上に突き出している。そして話すことといえばもちろん、サッカーについて。

宇宙人「この惑星のことはすべて理解した。けれどオフサイドがわからない」

男「ああ!(なんてこった)」

loveturky20151209 097

関連記事

ハジャマット トルコの宗教的風刺かわら版

ウイクスズ トルコの風刺かわら版

 

No comments

LEAVE A COMMENT