LoveTurkeyへようこそ
 

レマン トルコの風刺かわら版

レマン Leman トルコの風刺かわら版

 

左よりの週刊誌であるこのかわら版は、もともとリモン(Limon トルコ語でレモンを意味する)という名前であったが、政府を批判する内容を含むために幾度も廃紙を余儀なくされ、そのたびに名前を少しずつ変え今に至っている。

 

週刊誌

全16ページ

値段 3.5リラ(約140円)2015年9月現在

紹介したいのは2015年9月30日号

表紙

点呼を取る先生が一人ずつ生徒の名前を呼ぶ。生徒たちは“Burdaここです!”と答える。最後のエリフちゃんは天国の雲の上から”ここです“という。テロ事件で亡くなった女の子エリフちゃんのことを語る1枚。

 leman (2)

 

2ページ

文学好きで心の優しい男性を主人公にしたシリーズ。

leman (5)

 

2ページ

怠惰な独身男シリーズ。”動きたくない!”をモットーに生きる男ベズギン・ベキルの冒険フル人生。

leman (4)

 

3ページ

(下中央)「休みにはどこかに行かれたんですか?」「行ったには行ったんですが、時間がなくて車を降りずに帰ってきました。往復に9日間かかったんですよ。あなた方は?」「私たちはどこにも行けませんでした。車で9日間ボスボラス橋の渋滞にひっかかっていたんです。」←お休みの移動やUターンラッシュは日本にも共通するものがありますね。

leman (6)

 

4,5ページ

leman (7)

 

6,7ページ

leman (8)

 

8,9ページ

leman (9)

 

10ページ左上 肉屋での主婦と店主の会話

主婦「誕生日パーティーの予約がしたいんですけど」

店主「ここは肉屋ですよ奥さん?」

主婦「息子がここがいいって言うんですもの、いいじゃないの!何人分の席を用意してくださるのかしら?」

店主「近頃のパーティーだの誕生日会だの、まったくわからん!どうしちまったんだみんな。いいだろう、祝ってやろうじゃないか。金は要らねえよ。店先に2つばかりテーブル出せばいいんだろう?」

主婦「ケーキは誰が担当されるの?」

店主「はあぁ??!!」

←トルコでは誕生日を大々的に祝うという習慣がもともとなかったが、近年西洋の影響をうけ、パーティーブームが起こっていることを受けて描かれたもの。

leman (10)

 

 

13ページ

(中央)

ワニ夫婦の会話

「今日外食しようかダーリン?」「いいわね」

(陸のサルを捕えて)「瞬殺だぜ!」「(外食っていうからもっとおしゃれなところを期待してたのに)乱暴な人と結婚したもんだわ!」

leman (14)

 

14,15ページ

leman (15)

 

16ページ

leman (1)

関連記事

ペングエン トルコの風刺かわら版

ウイクスズ トルコの風刺かわら版

No comments

LEAVE A COMMENT