『白い城』 Beyaz Kale 2009年 藤原書店

オルハン・パムク(著) 宮下遼、宮下志朗(翻訳)

2310円(2016年1月現在)

購入はアマゾンから

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 

<あらすじ>

舞台は17世紀のイスタンブール。ナポリへの航海中に海賊にさらわれ、奴隷としてイスタンブールにやってくるヴェネチア人学生が主人公だ。彼はのちに「師」と呼ばれる、自分と見間違うほどよく似た男の奴隷となる…

bookfan_bk-4894347180

著者についてはこちら

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です